Q&A

  1. 肌にあうかどうか心配です。
  2. 『防腐剤』を使わなくても品質は大丈夫ですか?
  3. アロマクレンジングソープは使う前に、なぜ振るのですか?
  4. アロマクレンジングソープだけでメイクが落ちるのですか?
  5. プレエフェクティブローションは化粧水ですか?
  6. プレエフェクティブローションは、なぜ直接顔にふきかけるのですか?
  7. 電解還元イオン水って何ですか?
  8. 他社の基礎化粧品と一緒に使ってもよいですか?
  9. アロマの香りの種類がわからないのですが?
  10. どうしてアロマを使っているのですか?
  11. アロマモイスチュアゲルはどういう商品ですか?
1.肌にあうかどうか心配です。
ichirin「一凛」シリーズは、年齢・肌質・性別を問わず、あらゆる方にご使用いただけるよう、安全性の高い厳選した成分を使用しております。お肌の刺激となりうる成分をできる限り使用せずに全商品防腐剤不使用です。石油系合成界面活性剤無添加、旧表示指定成分無添加、無香料、無着色、無鉱物油でお作りしています。しかしながら、お肌との相性につきましては個人差がございますので、まずはトライアルセットなどでお試しいただくことをおすすめいたします。
※『合成界面活性剤』について
ichirin「一凛」シリーズでは、石油系の合成界面活性剤は、一切使っておりません(アロマクレンジングソープは、合成界面活性剤自体も使っていません)。
科学的な合成とは違った意味で「合成」という言葉を使って、「合成」すべての排除活動を行なっている方があるようで、 無添加化粧品の情報を求める方の一部に、「合成」の定義について混乱がおこっているようです。 そのために、石油系=合成と誤解して、合成の界面活性剤すべてに、あまりよくないイメージを持たれることがあるようですが、 実際には、合成界面活性剤にも種類がたくさんあり、植物由来のもの、石油由来のものなど、種類によって、危険性が異なります (一凛シリーズには、皮膚から、浸透したんぱく質を破壊する可能性のある、石油系の合成界面活性剤は、一切使っておりません)。
「水添レシチンは合成界面活性剤なのに、アロマモイスチュアゲルになぜ、入っているのですか?」というお問い合わせをいただくことがございますが、 水添レシチンは大豆(または卵黄)のレシチン(天然です)がとても劣化しやすいので、水素添加という化学反応によって安定なものにしている「加工」を施したものです。 (これと全く同じ加工は、例えば、「スクワレン」でも行われており、水素添加によって、よくご存じの「スクワラン」になります)。
水性成分と油性成分を混ぜあわせて安定させる役割をする、とても安全な合成界面活性剤で、肌荒れ改善効果もあると言われているものです。 (プレエフェクティブローションに入っている「水添リゾレシチン」についても同様に安全なものであり、こちらについては全く乳化させる必要のない商品ですが、 そもそも、保湿効果を期待して配合しております。)
ichirinは、お肌に不要な成分は配合しないことに、こだわったスキンケアラインです。安心してお使いいただければと思います。
※気になる方は、日本オーガニックコスメ協会の「天然の乳化成分」の説明なども、ご覧いただければと思います。
2.『防腐剤』を使わなくても品質は大丈夫ですか?
品質を保つために、各商品ごとに防腐力をもたせた原料を使用していますので、ご安心下さい。例えば、プレエフェクティブローションは強い還元作用をもつ電解還元イオン水を使用しています。また、容器につきましても、直接お化粧品が手にふれない容器にしていますが、開封後は6ヶ月以内にお使い下さい。
3.アロマクレンジングソープは使う前に、なぜ振るのですか?
一般的な化粧品では、水性成分と油性成分を混ぜる(乳化する)ために、原料費が安価な石油系の合成界面活性剤を使用しています。 ichirin「一凛」アロマクレンジングソープは、石油系の合成界面活性剤はもちろん、合成界面活性剤自体を使用していませんので、水性成分と油性成分が2層に分離した状態になっています。 環境や肌にやさしいとされているヤシやオリーブからできた石けん成分と、ホホバ油やダイズ油がメイクや毛穴の汚れを落とします。 ご使用の前によく振っていただくことでお客様に乳化していただいているのです。
4.アロマクレンジングソープだけでメイクが落ちるのですか?
通常のメイクは充分に落としますが、アイメイクなどの落ちにくい部分へのご使用は、無理にこするとお肌を傷つける可能性がありますので、 ポイントメイク専用のクレンジングのご使用をお勧めします。また、ウォータープルーフタイプのファンデーションをお使いの際には、 アロマクレンジングソープでお顔を洗っていただいた後にもう一度アロマクレンジングソープで洗って下さい。
5.プレエフェクティブローションは化粧水ですか?
プレエフェクティブローションは導入型のミストタイプのローションです。アロマモイスチュアゲルの前に使用することで 美容成分が角質層のすみずみへ浸透する道すじをつくります。一般的な化粧水同様に、水分の補給と保湿はかねそなえていますので、 化粧水としてもお使いいただけますが、現在、お使いの基礎化粧品の前にお使いいただくことでより一層角質層へ浸透させます。通常の化粧水とは目的が異なります。
6.プレエフェクティブローションは、なぜ直接顔にふきかけるのですか?
使用している電解還元イオン水はアルカリ性で、直接お顔にふきかけることにより、お肌のpHバランスを整えます。 直接お顔にふきかけることにより、お肌のイオンバランスを整えます。手やコットンにとらずにお使い下さい。
7.電解還元イオン水って何ですか?
肌荒れの原因となる刺激物質や、金属塩類を含まない新しいタイプのアルカリイオン水で室温保存においてpHの変化がありません。 強い還元作用により防腐作用があります。お肌に対しては、表面張力が小さく肌になじみやすく浸透しやすい性質があります。 また、お肌のpHバランスを整えたり、イオンバランスを整えます。
8.他社の基礎化粧品と一緒に使ってもよいですか?
大丈夫です。しかし、ichirin「一凛」はお肌にやさしく6つの無添加(防腐剤無添加、石油系合成界面活性剤無添加、旧表示指定成分無添加、無香料、無着色、無鉱物油)で商品をおつくりしています。また、アロマでやすらぎ、肌の生まれ変わりをサポートすることをコンセプトにしておりますので、3ステップのトータルでお使いいただくことをおすすめします。
9.アロマの香りの種類がわからないのですが?
アロマのスペシャリストが独自にブレンドしたichirin「一凛」オリジナルの香りです。 「甘すぎず、スパイシーすぎず、リラックスできて気持ちを奮い立たせてくれる」香りにこだわりました。 ゼラニウム(センテッドゼラニウム)とパルマローザの精油を使っているので、フローラルというよりは、ハーブ系のグリーンなイメージです。
お客様からいただいた声には、 「バラの花束のようなほのかに甘くてフレッシュな緑の香り」「草原の中にいるような香り…というか、自然がいっぱいの香り」 「気持ちが明るくなって高揚するような、それでいて、ふと落ち着くような…お花畑でワァ~~きれいといいながら、 ベンチに座ると、ほわんと眠りに落ちちゃうようなフシギないい香り」などと、表現していただいている香りで、モニターテストの結果82%の方に好きとお答えいただいております。 ただ、香りについてはお好みもありますので、トライアルセットなどでお試しいただくことをおすすめします。
10.どうしてアロマを使っているのですか?
開発にあたり、合成香料のような平板な香りはいやだけれど、リラックスできる香りはほしい。というところから自然の香りにもこだわり天然100%のアロマを配合することになりました。
世の中には、アロマを売りにしているコスメでも合成香料を使っているものや、植物エキスを配合しているだけのものも多いのですが、本当のアロマテラピー精油だけを配合することにこだわったからこその、本物の癒しをお楽しみ下さい。
11.アロマモイスチュアゲルはどういう商品ですか?
アロマモイスチュアゲル1本で、基本のスキンケアができます。化粧水・乳液・美容液・化粧下地をひとつにした多機能な保湿ゲルクリームです。 3種類のヒアルロン酸(加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na,アセチルヒアルロン酸)、加水分解コラーゲン、ヒトオリゴペプチド-1などの保湿成分を配合しています。多重ナノカプセルに美容成分を閉じ込め、ゆっくりと角質層に浸透していきます。 ベタつかず、さらっとしているのに、お肌の奥からうるおい、はりやつやを保つ働きをします。 オールインワンゲルですから、もちろんアロマモイスチュアゲル1品だけでも、十分にご使用いただけますが、ゲルの前にプレエフェクティブローション(導入型ミストローション)を お使いいただくと、アロマモイスチュアゲルの豊富な美容成分を、角質層のすみずみへ浸透させる道すじがつくられ、内側からモチモチうるおうお肌を応援します。
戻る
Copyright 2008-2010 NAKAICHI MEDICAL Co.,Ltd. 中一メディカル